読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サトメモ!

東京で一人暮らしをしている大学生が、こころにうつりゆくよしなしごとを書いていくブログです。

釣り初心者、市ヶ谷フィッシュセンターに挑戦

こんばんは、サトシです。

 

この記事では、市ヶ谷フィッシュセンターで釣り初心者である私が感じたこと等を書きます。

これから行く予定の人や検討している人の参考になればと思います。

 

まず、私は釣り初心者です。

釣りなんて精々小学生の時にザリガニ相手にやっていた程度でした。

そんな私ですがアウトドア系(おもにキャンプですが)の趣味に興味を持ち始め「自分で釣った魚を食べる」という行為に憧れのようなモノを持っています。

 

同じくアウトドア系の趣味を持つ友人とキャンプの話しているとき、この話を話題に挙げました。

その友人も同じことを考えていたのか話は弾み、釣りに行くことになったのです。

 

とはいえ、お互い釣りのことなど何も知りません。

勿論道具もない。

道具を貸し出してくれる所もありますが、いきなり川や海は些かハードルが高い・・・

そこで、近くの釣り堀で一度やってみよう!という話になりました。

 

そうして市ヶ谷フィッシュセンターに行くことに決めます。

 

 

流石に何も情報がない中(それはそれで面白いかもしれませんが)やれるほど勇気はないので、偉大なネットで情報収集を行います。

それによると

 

1時間帯は朝か夕方が良い

2長い竿と短い竿があるが、短い竿が初心者にはおすすめ

3四隅で魚は釣れる傾向にある

4エサは乾燥しているようなら水を加え耳たぶくらいの柔らかさにする

 

ことがわかりました。

 

ふむふむ・・・だいたいわかった(ような気がする)

後は実践あるのみ

そんなわけでレッツGO!

 

朝か夕方が良いとの情報から15時に市ヶ谷へ

友人と合流し駅から歩いて数分、フィッシュセンターへ着きました。

 

まずは受付で挨拶・・・

三時間(学生)+貸し竿+エサ=2060円でした

初心者だと言うと、受付の優しいお兄さんが釣り方の説明をしてくれました。

 

私が選んだ短い竿に、片手で摘まんだエサを針が隠れる程度につけ初心者用の池に入れる。

すると、すぐに浮きが沈みます。店員さんは慌てず、私たちに説明しながら悠々と釣り上げ、針を外してリリースしました。

 

ビックリしました。何がビックリしたって、店員さんがエサをつけてから釣り上げるまで3分経ってないんです。本当にエサを入れて「すぐ」釣り上げたんです。

 

これは初心者の勝手なイメージですが、釣りというのは時間がかかるものという思い込みに近いものがあるんです・・・それがこうもあっさり・・・

 

f:id:satoshi0727:20160904003541p:plain

気を取り直し、自分も続こうと見よう見まねでエサを片手で摘まみ、針につけようとします。黄色いのが受付で、水色の場所が初心者用の池で青い四角が私です。

針の鋭さにビビりつつ、なんとかエサを付けようとするのですが、エサがぽろぽろとバラけ、中々形になりません。

両手を使い何とか針につけるものの、池に入ると針からエサが離れてしまいます。

 

乾燥しているのが原因かと考え、水を少し加え両手で練ります。

これで漸く針から離れないようになりました。

 

さぁ、釣るぞ!と針を池に投入

 

・・・釣れないorz

 

ちょいちょい浮きが沈むのですが、引っ張ってみると何もかかっていません。

気が急いているのだ、とより慎重に行動してみると今度はエサだけ取られました・・・

 

左隣にいる友人はさっそく一匹目を釣り上げています。

次こそは!と池に針を投入しますが、結果は0・・・

 

左にいた友人は、右にある大きな池に移りました。

そして2匹、3匹と釣り上げていきます。

 

こっちにこいよ、と声をかけられるも「せめて1匹は・・・」との思いから初心者池にとどまります。

40分も過ぎたころ、今までになく浮きが沈みました。

はやる気持ちを抑え、店員さんの動きを思い出しながら釣り上げ・・・

 

 

プツンッ

 

 

糸が・・・切れた・・・!?

 

持っていかれちゃいました。エサも針も・・・

失意の中、お金を払い(100円)新しい竿を受け取ります。

初心者ということで気を使ってくれたのでしょうか、店員さんに調子を聞かれたのでそのまま応えるとアドバイスを幾つかくれました。

 

心が折れた私は、友人の声に誘われ池を移ります。

f:id:satoshi0727:20160904010036p:plain

赤が友人、青が私です。

さて、順調に4匹目を釣り上げている友人レッド

 

それが終わるとこれを見てみろと池の一部を指します。

なんやねんと目を向けると、そこには大量のコイが泳いでました。

 

失意の私ですら「これなら・・・釣れるッ!」

そう思わされる光景です。

 

さっそく新しい竿を投入

 

すると・・・

 

 

釣れる釣れる

 

あっという間に一匹釣れました。

自分の手で魚を釣るという行為がこれほど楽しいとは・・・少しばかり感動してしまいました

 

さて、問題はこの後です。

釣った以上は針を外してリリースしなければいけないのですが、これがとても難しい。

やり方が下手なのは勿論あるのでしょうが、魚の方がこれでもかと暴れるため針が外せないのです。

友人に手伝ってもらいながら四苦八苦して針を外してリリースしました。

 

かわいそうなことをしたものです。

思えば、どうすれば釣れるかにばかり目が行ってしまい。針の外し方などは調べていませんでした。

ああも手こずってしまっては、魚にも負担が大きくなってしまいます。

「帰ったら調べよう・・・」そう思いました。

 

さて、そうして再開した結果一時間で5匹ほどこの池で釣りました。

その後17時まで同じ場所にいたのですが、私の方も友人の方も反応がイマイチになったので場所を移ることにしました。

 

f:id:satoshi0727:20160904012546p:plain

例によって、私がブルー友人がレッドです。

この場所で17時から18時の終了時刻までいました。

ここでは4匹釣れました。

 

途中アクシデントもありましたが、結果として三時間で9匹釣りました。

初心者でこれは多いか少ないかわかりませんが、三時間で6匹釣れればいいな~と思っていた私的には大満足です!

 

色々ありましたが、また釣りがしたい!と思える三時間でした。