読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サトメモ!

東京で一人暮らしをしている大学生が、こころにうつりゆくよしなしごとを書いていくブログです。

リヴァイブ版ガンダム

こんばんはサトシです!

 

今回はHGUC191 ガンダムの記事になります。

 

f:id:satoshi0727:20160805231252j:plain

ボクがいちばんうまくガンダムをつかえるんだ!

 

 

おそらく、最も有名なMS「RX 78-2 ガンダム」です。

一年戦争を代表するMSで、「機動戦士ガンダム」の主人公アムロ・レイの搭乗機になります。

 

その圧倒的性能で序盤から中盤はアムロの窮地を救ってきました。

しかし、次々と投入されるジオン(敵勢力)のMSにその差は詰められていき、ゲルググという終盤の敵量産機にほぼ並ばれてしまいます。

 

とはいえ、最初こそガンダムの性能に助けられていたアムロも、戦いを経るに従い戦士として成長していきます。

ある戦いを境にニュータイプとして覚醒し、終盤はガンダムアムロの反応に追いつかなくなるほどでした。

 

マグネット・コーティングという技術により、機体のレスポンスを向上させることで一年戦争を戦い抜きました。

 

通称 連邦の白いヤツ、化け物、連邦の白い悪魔

 

ゲームでのイメージはジオニックフロントでの悪夢が大半を占めています(汗)

 

少し遅くなりましたが、「機動戦士ガンダム ジオリジン ルウム編」製作決定記念に、ガンダムのリヴァイブ版を作ってみました。

 

色分け、可動共に良好なキットです。

アンテナのシャープ化、部分塗装、スミ入れ、トップコートで仕上げました。

f:id:satoshi0727:20160805231252j:plain

こちらはトップコート前の写真です。

部分塗装は

 

頭部 センサー(赤) バルカン(黄)

バックパック バーニア(銀、赤)

腰 Vマーク(黄)

 

になります。

腰のVマークは苦労しました・・・

 

 

f:id:satoshi0727:20160806000720j:plain

後ろ姿です。

バーニア内の赤が中々色が乗らなかったのですが、塗り重ねるとそれっぽくなりましたね。

 

では、トップコートをかけていきます。

プシュー

 

f:id:satoshi0727:20160806002247j:plain

 

f:id:satoshi0727:20160806002306j:plain

 こうなりました!

トップコートを使うのは初めてだったのですが、いい感じにプラっぽさが消えました。

 

よく勧められるだけあって、手軽なわりにグッと見栄えが良くなります。

 

せっかくなので、もう何枚か

 

f:id:satoshi0727:20160806004527j:plain

 

f:id:satoshi0727:20160806005540j:plain

 

f:id:satoshi0727:20160806005607j:plain

 

f:id:satoshi0727:20160806010058j:plain

 

うぅむ・・・

ガンダム自体は特別好きなMSではなかったのですが、改めて見てみるととてもカッコいいですね!

 

キット自体も合わせ目が出にくいように作られています。

構成も考えられているのか、作りやすく感じました。

 

また機会があれば作りたいと思わせられたキットです。

以上、HGUC  191ガンダムでした。